~ビリヤード脱中級者!上級者を目指す~

2個の配置-基本のネクスト、基本の配置

2個の配置-基本のネクスト、基本の配置

本サイトは、ビリヤードの中でもポケットビリヤードを取扱っています。
ゲームとしては、主に9ボールや10ボールをプレイする方に向けた内容です。

9ボールのネクストと言うと、同じ配置には二度と出会うことがないと言われるくらい、
様々なパターンがあります。
しかし、1mm単位で同じかと言われれば、確かに二度と同じ配置にはならないですが、
おおよそ似ている配置というのは存在します。

このページでは、9ボール(ナインボール)でよく出てくる配置、
すなわち、よく使うネクストのパターンをまとめました。

IMG_0023
撞点:左下
9番をシュートするためのエリアが狭く、
見た目ほど簡単ではない配置。
ヒネリで広い場所に出しに行くほうが強くても弱くてもリカバリしやすい。
IMG_0024
撞点:下
シュートラインを横切るような形だが、
このくらいの力加減と撞点コントロールは完璧にできることを目指す。
IMG_0025
撞点:下
引きをキュッとかける。
引けないと手球が横に流れて悲惨なことになる。
IMG_0026
撞点:上
前図と同じ配置で、出し方の別パターン。もしフリーボールであるならば、基本はこのように上撞点でネクストするほうがミスをしにくい。



TEL  

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINE

スポンサードリンク

PAGETOP
Copyright © 実践ビリヤードテクニック All Rights Reserved.